歩き方をチェック

歩き方も、太ももやせと大きく関係しています。ウオーキングを継続すると太ももやせに効果があるのは良く知られている事です。日常生活で歩くシーンにおいて心がけることは、まず体の中心線を意識する事です。

中心線というのは、「頭頂部」から「両足のかかとの中間点」までを一つの線でつないだ線です。タテに体を貫く一本の線をイメージして下さい。上半身、下半身共に、この線に沿って重心を動かす事にします。歩くときは、上半身は背筋をまっすぐ伸ばし、腕を前後に振るだけにします。前方をまっすぐみて、首や肩、腰などが前かがみにならないように注意します。脚は、同じように「中心線」を前方向にすすめるように踏み出します。少し内寄りに右足を踏みだし、続いて左足も、右足の延長線上に踏みだします。このように一歩一歩、歩くよう意識すると、脚の筋肉の内側が鍛えられます。

また、そうすることで脚のゆがみなどが矯正されやすくなります。さらに効果的なのは、歩いている間に、太ももに力を入れてひざ下からつま先までを動かすようにする事です。これを上手に行うコツは、一歩の歩幅を広げる事、つまり大股歩きをする事です。ひざ下だけに力を入れてちょこちょこ歩いている女性を良く見かけますが、これですと太もものトレーニングになりません。一駅分歩くなど、長距離を歩くときは、特に歩幅を広くとって歩くと、太ももトレーニングに効果があります。