寝るときの体勢

寝る時の姿勢については、寝ている間に無意識に寝返りをうってしまったりするのでなかなか意識的に姿勢をとるのは難しいです。ただ、太ももやせの為に、寝る前に一度取ってほしい体勢というのはあります。それは、仰向けに寝た状態で、片方の足の太ももを垂直に上げます。この際に、ひざ裏からつま先までしっかり伸ばします。その体勢で、腕を伸ばして、くるぶしとアキレスけんの間のツボを軽く押さえます。10秒×5回程度押せば十分です。

ひざの裏ひざの裏は、重要なリンパの通り道ですので、軽く撫でるようにマッサージします。ここも5回、マッサージをします。そして、最後に、太ももの後ろをひざから太ももの付け根方向に向かって、手のひらを使ってマッサージします。これで脚のむくみや、太もものセルライト解消効果が期待できます。

さらに、寝る直前に、布団の上で軽くできる骨盤矯正体操をしましょう。方法は仰向けに寝た状態で、片方の足をひざを曲げて立てます。もう一方の足は伸ばしたままにします。例えば左足を立てたら、そのひざを右側(体の内側方向・内股になる方向)に10秒、左側(がにまたになるような体勢)に10秒、無理をしない程度に傾けます。そうすることでゆがみが矯正され、太ももにぜい肉がつきにくくなります。